おすすめの動画制作会社の活用例をご紹介

動画という目と耳から入る映像の情報は、静止画や文章の何倍もの情報量があります。スマートフォンやパソコンが普及した現代ではインターネットで多くの情報を得ることも多くなりました。このような動画の制作を行う動画制作会社をいろいろな企業や公共団体が活用しています。例えば、新しい商品やサービスの紹介、企画や特定の商品をプッシュするプロモーションや企業や各種施設の事業内容や理念、思い、また社会への提供価値などを取引先などに正しく理解してもらうための会社紹介、施設案内にも活用されています。展示会やセミナーの開催においても動画は重要なツールになります。来場者の注意を引くためにブースへの集客商品やサービス紹介にも映像を活用し、ライバルの会社と差別化をはかったりします。また、動画は画像や紙媒体よりもわかりやすいため、商品や機械の使い方、マニュアルにとても向いています。

動画制作会社へ依頼する際の抑えておくべきポイント

実際に動画制作会社に依頼しようと思ったとき、どの動画制作会社を選べばいいのかと悩む方も多いでしょう。依頼する際に一番大事なのは動画を作る目的です。動画制作会社にはそれぞれの強みと実績があります。動画を作る目的と動画制作会社の強みが同じであることが重要です。どのような実績があるかを依頼する前に確認しましょう。次に、製作において料金の安さ、クオリティを重視するのか、急ぎなのかなど何を優先順位とするかも明確にしましょう。ここで注意すべきポイントがあります。動画制作には企画から取材、撮影、編集と工程があります。提示された金額でどこまでをやってくれるのか必ず確認しましょう。依頼主が動画のデータを持っている場合は編集だけで予算を抑えることができるかもしれません。依頼する前に事前に以上のことは最低限抑えておくといいでしょう。

動画制作会社へ依頼するとき事前に準備しておくとよいもの

動画制作会社にスムーズに動画を制作し、依頼主は事前に「動画制作依頼書」を用意しておくといいでしょう。動画制作依頼書は必ず作らなくてはいけないということではありませんが、動画を制作するスタッフ全員にどういう動画を作ってほしいのか文書にして意思疎通を図ることが思い通りの動画を制作してもらうことになるのです。まずは、動画を作る目的、ターゲットを明確にします。動画制作の初心者であれば、わからないことも多く丸投げして依頼したくなりますが、わからない点はリスト化して打ち合わせの際などに聞いてみましょう。最後に、トラブルを防ぐためにも、動画制作の締め切り日などのスケジュールと予算はしっかりと明記しましょう。きちっとした依頼書ができなくとも、まずは文章にまとめる程度でもいいので用意しておくといいでしょう。