制作を動画制作会社に依頼する前に知っておきたいこと

何か良さそうな動画を作ってと言われても、いくら動画制作会社でも非常に困ります。自分の仕事に当てはめてみてほしいです。コンビニやスーパーなどで何か美味しそうなものが欲しいといわれても困ります。病院でなんか体調悪いから適当に薬を出してと言われても薬は出てくることはないのです。まずどのような動画を制作したいのかイメージを持つ必要があります。詳細が分からない場合は、その都度相談をする必要があります。ディスプレイやネットが発展したおかげで動画を気軽に街中で見ることができるようになり、動画広告はテレビや映画館以外で見ることが随分増えました。車通りの多い場所で動画のCMを流したい場合、SNSにCMを流したい、これだけでも映像の長さや質が変わります。まずは何を主に媒体にしたいのか、それを考えておくことは依頼する前に知っておく必要があります。

動画制作会社と広告代理店どちらに依頼するほうがいいのか

動画制作会社のお仕事は動画を制作することですが、広告代理店やフリーランスの方でも動画を制作することができます。その差といえば、フリーランスの方々は、まさに個人の力量となり大型の映像を作るには時間もかかります。広告代理店に依頼する場合、結局広告代理店が外注をして制作会社やフリーランスの方に分業をして振り分けることがあり、人件費がかさむことがあります。もちろんそれぞれに利点もありますが、動画制作に長けている会社に直接依頼することで、人件費を抑え、機材や人員なども適切に持っている会社に安心して依頼することもできます。フリーランスの方々の場合、結局動画制作会社の方に依頼されて分業していることが多いので、実績や実力のある方が多いという点で、自分でフリーランスの方をさがすよりも的確に力のある方に出会える可能性が高いです。

動画制作会社に依頼するとき知っておきたい言葉

これに効果があるのかと疑問を持たれる方もいると思いますが、ロゴを動画で効果的に流すことにより、そのまま紙や壁に貼ってあるロゴよりも人の記憶に残りやすいそうです。そこからさらにより効果的に宣伝するために、知識と技術をもつ動画制作会社に動画を依頼することで、さらなる発展が期待できるという考え方です。そしてビットレートやフレームレートなど、知らない言葉が多く出てきます。フレームレートは1秒のコマ数を決めることです。このコマ数が多ければ美しく滑らかではありますが情報量が非常に多くなりネット上で、いわゆる重たい画像と呼ばれるものになることもあります。ビットレートは1秒のデータ量を指しますが、フレームレートが大きければビットレートは大きくなることが多いですが、小さいフレームレートでも解像度などによってビットレートは小さくなります。