動画制作会社に依頼した場合の費用について

動画を制作したいと思っても、作ったことがない方は、何をしたらいいのか、どうやって作ったらいいのかわからず全く作ることができません。そんな時には動画制作会社に依頼をすることで簡単に出来の良い動画を作ることが出来ます。しかし、業者に頼むということはそれなりの費用が掛かってきます。大体いくらくらいかかるのでしょうか。動画を作成するといっても様々で、webムービーの相場は20万円から80万円、会社紹介PR動画は25万円から100万円、テレビCMだと50万円から300万円程度だと言われています。さらに、有名人を使用する場合はギャラや使用料等が別途でかかってきます。CMの場合はCMを流すことに別途テレビ局へ支払う金額も数百万から数千万円とかかってきます。しかしそれでもCMを打つことは、かなりの宣伝になります。

動画を自分でつくるメリットとデメリット

やはり自分で作成するメリットは費用面にあると思います。必要機材を揃えたりするのを別にすれば、動画制作会社に依頼するよりもずっと安く作成することができます。継続して動画を作成するような場合は、機材などへの投資で最初に費用は大きくかかりますが、その後は人件費のみで作成することができます。ただ動画の制作は編集等でかなりの労力を使うので、業者に頼んだほうがいい場合もあります。自分で作成する最大のデメリットは動画のクオリティにあると思います。やはり自分で作った場合は画質や撮影で質が落ちてしまいます。プロのように作れるようになるまでの時間や労力を費用換算すると、業者に頼んだほうが安くなる可能性があります。お金さえ払えば自分では作ることのできない動画を提供してもらえるので、自分で作る場合はその点も加味しないといけません。

動画制作会社に依頼した場合のスケジュールは

質のいい動画を作成するには、動画制作会社に依頼することがおすすめですが、実際に依頼する場合はどのような流れで進めるのでしょうか。まずは、どのような動画を作るのか、イメージを伝えなくてはなりません。絶対にこれは入れたいなどの希望も伝えることが大切です。自分の作りたいものを相手にもイメージしてもらえるようなものがあると、イメージの共有ができるのでいいと思います。イメージを伝えると実際に台本作りが始まり、撮影やナレーション撮りを行います。最後に編集をして完成です。一言で動画制作といっても様々な内容が組み合わさって出来ていきます。一から作るとなるとコストもかかりますし、既存の動画や画像をつなぎ合わせるだけだと費用も安くなります。また作った後にどのように使っていくかも重要なポイントです。どのようにすすめていくかを業者としっかり打合せすることが大切です。